2006年03月18日

3度目の演出はいらない

メキシコの奮闘のおかげで何とか準決勝に進む事ができた
WBC日本代表。

その2次リーグの対アメリカ戦でひどいミスジャッジをした

ボブ・デービッドソン

準決勝で再び球審を務める予定らしい・・・。


BB1.jpg



昨日のメキシコ対アメリカ戦でもメキシコのバンズエラが打った
ライトポール直撃の打球「2塁打」
再びアメリカに有利なようにミスジャッジをして物議をかもしている。。

ポールに当たったらホームランというのは

小学生でも知っているルールであり

それを間違えるというのはありえない。

アメリカにそこまでして勝たせたいか!と
ムカついてたけど、いろいろ調べてみたら
デービッドソンはアメリカでは有名な

演出家審判らしい。

1日1ボーク(1試合で1個はボークをとる)
とあだ名がついているほど。。
とにかく試合に首を突っ込みたがるようだ。

きんぐはこういう審判が一番許せない。 凸(▼▼メ

ヘタならまだ許してやろうという気にもなる。
自分が草野球をやっているうえでヘタクソな審判なんてゴマンといるから。
まあ、世界の代表大会ときんぐのやってる草野球とで同じ目線で見るのも
おかしな話だけど、人間が瞬間を判断するんだから上手い下手は
どんなレベルでもあると思うし・・・・でも、
余計な演出はしちゃいけない

野球の審判がしていい演出は、三振のときのポージングと
きわどいプレーの時のアウト、セーフの
オーバーアクションなポーズ、それのみでしょ。


だいたい、アメリカの試合をアメリカ人が審判をするのもおかしいけど、
こういう噂のある審判を代表の大会で審判をさせる事自体が間違ってる。

特に、アメリカ(特にメジャーリーグ)の審判は威厳を持ってジャッジする
非常にいいイメージがあるだけに、こういう不可解な判定を連続する審判を
世界に見せてしまっては、そのいいイメージも崩れてしまうと思うのですが。



3度は絶対に負けられない韓国を相手に
嫌な審判が球審になってしまうけど・・・

もう絶対に負けてほしくないし優勝してもらいたい。

野球だけは絶対に日本が1番じゃなきゃダメなんだから。


posted by きんぐ at 15:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15028702

この記事へのトラックバック

イチロー:「30年発言」の実証のために!
Excerpt: メキシコがアメリカに勝利してくれたため、日本は三度韓国と戦うこととなった。昨日は皇太子さまがメキシコを訪問されていたということも何かの因縁なのであろうか。東亜日報は再対決する韓国vs日本、明日、真剣勝..
Weblog: いとうな日々
Tracked: 2006-03-18 19:54

WBC日本準決勝進出
Excerpt: 第1回WBC(ワールドクラシックベースボール)で米国がメキシコに1−2で負けたために日本が失点率でグループ2位となり準決勝進出決定!! やったね!メキシコ♪ って事で・・・
Weblog: ロンドン倉庫BLOG
Tracked: 2006-03-18 23:35

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。