2006年06月14日

☆POGシーズン終了☆

日曜日でうちのPOG
青赤POG05〜06シーズンも終了。

最終的な結果、きんぐは3位で終わりました。。。
まあ昨年はビリだった事を考えれば
終盤まで2位争いをしていての3位
まあ、良かったんじゃないかと。。^^;

☆青赤POG最終成績☆
優勝 おっくん厩舎 56805P
2位 ロンドン厩舎 34720P
3位 きんぐ厩舎  30765P
4位 たれ蔵厩舎  20125P
ビリ ピコ丼厩舎  18625P


とりあえず今シーズンも終わったという事で
シーズン指名馬の総括でもしてみようと思います♪

20頭いっぺんに回顧してるから結構長いよ〜(^^;

※並びはきんぐの指名順。
※成績は期間内(05年7月16日〜06年6月11日)


フラムドパシオン 期間内5戦2勝 5250P
ヒヤシンスS(OP)
UAEダービー3着

1位指名が2度競合して2度とも抽選に外れたために
ヤケになってこの馬を1位で指名したんだけど・・・
結果的に外れた2頭よりも全然稼いでくれました♪
ドラフト前に福島のデビュー戦を快勝していたんだけど
やはり、この馬に対して笑いが止まらなくなったのは
暮れの初ダートとなった条件戦。
ダートではとてつもなく強かった。。
海外遠征のUAEダービーは本当にドキドキしたよ〜。
それが一番の思い出。^^
最後は屈腱炎になってしまったのはかわいそうだったけど
屈腱炎は走る馬の宿命だからね。
よく稼いでくれました☆^^

アンドレルノートル 期間内3戦1勝 740P
デビューが遅れに遅れて初戦は5月に入ってから。。
2月に入厩してからなかなかデビューできなくてヤキモキしてたなぁ。^^
それが一番の思い出かな。なかなかでてこなかったしね。^^;
もともと仕上がりが遅い傾向にある兄弟ではあるんだけど
どうも、この馬は弱い所があったみたいだね。。
まあ、それでも2戦目で期間内に勝利を挙げてくれたし
今季のきんぐにとって最後の出走馬(4着)となったし、
今年の1月、2月頃はデビューもないかと思ってたくらいだから
よくがんばってくれました♪^^

ダイアモンドヘッド 期間内6戦0勝 2100P
デイリー杯2歳S2着 朝日杯FS5着
確か開幕週でいきなり逃げ切って勝ったんだけど
それ以前から、きんぐのSS産駒の指名基準であった
セレクトセールで7000万〜9900万の値の付いた馬
というのに合致してたので指名しました。
秋頃に調子が絶不調だったきんぐの馬券の唯一の的中が
この馬とマルカシェンクで決まったデイリー杯2歳Sだったのが思い出。
でも、年明けてからの成績がイマイチだったね。^^;
まあ年明けからの3戦は前々での競馬が出来なかったから
末の切れないこの馬にはツライ展開だったのもあったかな。
まあ、普段から2歳戦はあまりポイントを加算できないきんぐにとって
2歳重賞で2着して2歳GTでも期待を持たせてもらったのは
かなり久しぶりなので楽しませてもらいました♪^^

タイセイコンドル 期間内5戦0勝 385P
オースミエルストやオースミハルカ、オースミグラスワンと
堅実に走る兄弟という事で指名したんだけど・・・・
まさか馬主がオースミじゃないとは思いませんでした。。^^;
母のホッコーオウカはオースミ姓(笑)の子供しか走らないので
馬名が決定した時は少し凹んだかな。。^^;
それでもデビューしてからの3戦は勝ち上がりまでもう少しの
惜しい競馬をしてくれたし、デビュー戦は雨の悪い馬場の中で
後楽園のモニターでも確認しづらかったけど内々を渋太く
伸びてきてくれたのが思い出に残ってるなぁ。
思えば、このデビュー戦の勝ち馬は、
のちのオークス馬カワカミプリンセスだったんだよね。
最後は疲れもあったのかな・・・尻すぼみに成績が落ちちゃったけど
2月デビューしてから5回も走ってくれて、楽しませてもらいました♪^^

コマンダーシップ 期間内3戦1勝 800P
今季最大の誤算といってもいいかも。。。(><;
きんぐ厩舎のお家芸(苦笑)でもある有力馬の故障
今季はこの馬に起こってしまいました。。
どう見てもダート向きな身体ながら芝のデビュー戦を快勝。
ちょうどWINS後楽園のモニターで見てたのが一番の思い出。
その後2戦がもうひとつだったあとに屈腱炎を発症。
故障前にダートでの走りをぜひとも見てみたかった。
新馬戦で破っている馬も2勝目を挙げているだけに・・・
フラムドパシオン級とまでは言わないけど、
ダートならOP特別でもソコソコ楽しませてくれたんじゃないかと思ってしまう。
まあ、競走馬に故障はツキモノ。残念だったけど仕方がないよね。
新馬勝ちで期待させてくれてありがとう^^

タガノスピーガ 期間内1戦0勝 0P
ちょうど新潟競馬場に行っていた時に札幌でデビューをしたので
競馬場のモニターでレースを見てたのが一番の思い出。
そのレースは特別に見どころも無く敗退して、立て直し中に
故障を発症して登録を抹消してしまいました。。
残念だったけどデビューしてくれただけでありがたい事だよね。

マイネルスケルツィ 期間内8戦3勝 8480P
ニュージーランドT(GU)
きさらぎ賞3着
今年最大の功労馬!!(≧▽≦)
この馬は、タイミングが合ったというか、
デビュー戦とNZT、2回も実際に生で競馬場に観に行って応援してるんだよね。
NZTを目の前で勝ってくれたのが一番の思い出だねやっぱ♪(^-^)
掲示板を外した2回は、陣営(総帥?)の判断ミスと鞍上の駄騎乗と
はっきりとした敗因が外的要因であったものだから
それ以外は本当に堅実に走ってくれました♪^^

インテレット 期間内7戦2勝 3300P
毎日杯2着
今シーズンのきんぐの隠し玉だったこの馬は見事にがんばってくれました♪^^
WINS後楽園で見た500万下を勝ったレースが一番の思い出。
残り100mで鞍上の内田博がバランス崩して、追えない状態になったのに
差し切っちゃったあの脚はインパクトたっぷりでした^^
脚元に不安のある馬で、芝向きな馬にもかかわらずダートを使ったりしてたのに
掲示板を外したのはデビュー戦とGTの皐月賞だけ。
すごく堅実なお馬さんでした♪

アドマイヤディーノ 期間内8戦2勝 2780P
アーリントンC4着
流行のフレンチデピュティを3頭指名した中で、一番走ってくれました。
逃げ、先行馬だと思ってたのにアーリントンCで渋太く後ろから
差してきてくれたのを見て熱くなった(3連単持ってたから。。笑)のが一番の思い出。
なかなかつかみ所の無かった馬だったけど、2勝目をしっかり挙げてくれたし
NZT(7着)で生で見る事もできたし、楽しませてくれました♪^^

コードテレグラム 期間内7戦0勝 200P
デビューから、基本的な脚力が足りてなかったね。。^^;
すっごく時計の掛かる馬場だった暮れの阪神で2着にきた時は
少し期待感を持ったのが一番思い出に残ってるなぁ。。
まあ、その後はそんなに時計の掛かる馬場状態だった事が1度も無かったので
全く勝負にならなかったけど。。(爆)
まあでもコンスタントによく走ってくれました♪

フェラーリファイブ 期間内6戦2勝 2535P
この馬はデビュー戦のインパクトが強すぎました^^;
前を走る馬が落馬した影響で鞍上の横山典が落ちかかって
3角手前までずっと鞍の上、馬の背中に完全にまたがった状態で
乗っかってしまうアクシデントがあったにもかかわらず
最後まで踏ん張ってハナ差の2着したのが一番の思い出。。
その後、少しもたついたけど最後には2勝目をしっかり挙げてくれました^^
母のシャイニンレーサーが現役時代に好きで、
その仔たちはみんな指名してるんだけど、
この仔もよくがんばってくれました♪
来シーズンも全弟が同じく藤沢和厩舎に入るから、もちろん指名します☆

サクラキセキ 期間内1戦0勝 0P
馬名を登録してはいたけど、全く情報が入ってこず・・・
今年2月に入って急に馬三郎メールから調教メールが来始めたと思ったら
4月の始めに1戦(8着)だけして牧場に逆戻り・・・・
なんだか思い出作りをする前にあっという間に来て
あっという間に去って行っちゃった感じ。。^^;

フェリーク 期間内8戦1勝 955P
秋にデビューしてからというもの、コンスタントに1ヶ月に1度使われていって
デビュー戦こそ惨敗したものの、その後5,4,3,2,1着と
着実にカウントダウンしていって勝ち上がってくれたのが思い出♪^^
未勝利戦ながら、狙ってんだろ!と言いたくなるくらいでした。。^^;
使い減りするSS産駒で、しかも牝馬なのにコンスタントに走ってくれて
楽しませてくれました♪

ブルーラグーン 未出走 
指名時はソコソコ評判にはなってたものの
1度も入厩したがすぐに牧場へ逆戻り・・・
そのまま今シーズンが終了した翌日の6月12日に登録抹消の
馬三郎メールが来ました。。。
うーん・・・POG的にこういう馬が一番つらいなぁ・・・。
出て来ないことには応援のしようも無いしね。。

ネヴァカグラ 期間内未出走
昨夏にデビュー予定だったものの弱い所が出てしまい放牧へ。
その後も調整が遅れに遅れて結局期間内の出走は、なりませんでした。。
かなり評判が高かったらしいのでとても残念。。
ま、この馬の場合は、母のエイブルカグラにきんぐが一目惚れして
POGで初仔から毎年取っているので、来シーズンも取ります!

ニシノミライ 期間内2戦0勝 125P
昨夏にグリーンチャンネルのPOG特集で
この馬の故郷、西山牧場に行ってたときに
「冬くらいになる」と言われてたのを見て、遅くなる事は覚悟してたけど
大分遅れてデビューが4月の終わり。。。
でも、2戦してくれて惜しい所まで行ってくれたから。。
2戦目の直線を家で力が入りながら見てたのが思い出♪
残念ながら期間内の勝ち上がりはならなかったけど
順調に使っていけばセイウンスカイ産駒初のJRA勝利も
近いうちに挙げられるんじゃないかな。
こういう馬ってPOG関係なく応援したくなっちゃうね^^

ディーププレシャス 期間内4戦0勝 180P
デビュー戦こそ渋太い脚で3着になったものの、その後尻すぼみ・・・。
デビュー戦のときは調教で動いてないのによく3着まで・・・と
1度使った上積みを期待したんだけどねぇ・・・。^^;
この馬だけじゃなく山内先生のところは今年の3歳馬は大人しかったね。。

シベリアンスパーズ 期間内8戦0勝 915P
期間内に結局勝ち上がれなかったものの、
ある意味きんぐを最も楽しませてくれた1頭だと思う♪
も〜、前に行けば捕まる、後ろから行けば届かないもどかしさは
毎回毎回きんぐの血圧を上げてくれました(笑)
でも逆にこういう馬のほうが愛着湧いちゃうんだよね^^;
8戦のうち2着1回3着3回4着3回5着1回・・・と
走れば毎回賞金を加算してきてくれるいい馬でした♪

ヒシワンスモア 期間内7戦0勝 940P
この馬の母ヒシナタリーが好きな馬だったので、毎年指名してるんだけど、
初めて未勝利で終わってしまいました。。。
まあ、それでも惜しい競馬はしてくれてたので結構稼いで来てはくれたけど。
暮れの新馬戦に出てたのを、きんぐ自身が全く見逃してたのがいい思い出。(笑)
400キロソコソコの小さい身体だったのに
牡馬に混じってもよくがんばってくれました♪

フサイチダイナソー 期間内8戦2勝 1120P
いろんな意味で今シーズン一番笑わせてもらった馬でした。
再三、出走馬の記事で書いてきたけど、“外に逃げる癖”と
“走ってる最中の足許に敏感に反応してピョンピョン飛び跳ねてしまう癖”
毎回毎回、途中で跳ねた。。そんなコメントばっかりだったけど
これを出さなければ激走して500万下特別まで勝っちゃうんだから
ホントに面白い馬でした^^
確かこの馬ってドラフト前日に見つけて急遽指名した馬なんだよね。
そんな馬がしっかり2勝もしてくれるんだから・・・
どの馬が走るかなんてわからないよね(笑)


今シーズンも終わって、この馬たちはある意味卒業って感じだけど
毎週行ってるきんぐなんかからすれば、まだまだ条件戦や最終レース、
重賞なんかでもまた会えるし、やっぱり1度POGで指名した馬たちには
期間が終了してからも愛着があって応援しちゃうし、
まだまだこれからも見ていくよ♪
それぞれの特性も、よ〜くわかってるから馬券の買い時、切り時も
わかりやすいしね〜(^^)

どの馬もお疲れ様でしたm(_ _)m














posted by きんぐ at 14:45| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。