2006年10月02日

☆ディープ3着☆ 〜武ちゃんの誤算〜

昨日の凱旋門賞、ディープインパクトは惜しい3着でした。

朝から早くもマスコミで

世界の壁

まさかの敗戦でファンは落胆


などの言葉や文字が躍ってますが、
個人的には全く落胆していないし、がんばったと思ってます。

だって、武豊の思い描いてたとおりの展開だったでしょ。
ハリケーンランを内に閉じ込めて直線行き場を無くさせるあたりの
狡猾さもお見事としか言いようが無い。
武豊プランは完壁で勝ちはもらったようなものと思ったはず。
そこから外を差してこられるとは思ってもなかったでしょ、きっと。

正式なコメントでは『もう一段ギヤが・・・』て出してるけど
レース直後の、武豊が思い通りになったのに負けた時に出す
怒ってるときのトーンでの『残念です』の言い方のほうが本音かなと。


ディープにしてもレースで自分の外から並び掛けられるなんて初めての経験であって
きっと戸惑ったろうね。
そんな中、差し返そうとした根性は立派だった。
あーこりゃたれる・・・。
て思った辺りで内からもう一回グイッと伸びたのは少し驚いた。

勝ち馬はともかくとして、2着のプライドにまで差されたのはやっぱり
初の海外遠征
初のヨーロッパの芝

というアウェイの洗礼なのかな。。

ネット上では、
やっぱりお山の大将だった的な発言も結構出てるみたいですが
この一戦では負けたけど、内容を考えればよくやってるんだし
落胆なんかせずに胸を張って帰ってきてもらいたい。
しかも今回また新たな経験したから、さらに強くなるぞこの馬。(^^)
まあ凱旋門賞3着=世界で3番目に強い的な
ド素人発言もどうかと思うけど・・・。^^;


あと、ミーハーなのや普段あんまり競馬見ない浅いファンは

後ろから競馬してほしかった

とか言っちゃいそうだよね。。
たれちゃんとか言いそう。(笑)

ヨーロッパは道中集団でスローでじわーっと固まって走るから
ディープがいつもどおりのペースで走っても前目になっちゃうのは
ある程度予測はできたよ。
エルコンだって逃げになっちゃったくらいだったもんね。
だから見た目の順番は関係ない。
あの位置だって日本だったら後方の位置かもよ。
ゲームじゃないんだしね・・・・
後ろからの馬が必ず後ろにいなくちゃいけないわけじゃないんだから。。
ましてやディープはゲート下手からくる後方待機策であったわけだし
無理に先手を取りに行ったわけでないし、
うまくゲート出て出たなりで先行できるならそっちのほうが全然有利。
走り的には掛かる面も見せずにいつもより全然スムーズだったし良い走りしてた。

競馬は毎回同じ馬が勝つなら全く面白味がないもの。
よほど抜けた実力を持ってない限り、いろんな条件が組み合わさって
基本スキルが低い馬でも勝負ができる。
だから、きんぐのような穴党馬券派がいるわけで。。。
(だからといってレイルリンクのスキルが低いなんて思ってないよ)

スポーツのように見ている人たちは理解できんかもしれないけど
勝ったから強い、負けたから弱いと一概に言えないのが競馬だよね・・・。^^;

posted by きんぐ at 21:22| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | 競馬のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほんとにそうですよね。
流れや展開あってこその競馬です。
ディープが後ろから行ったとしても
あの超スローペースではどうだったでしょうね。

残念でなりませんが、
負けてしまったものは仕方がないです。
無事に帰国してまた元気な姿を見せてほしいです。
Posted by くれは at 2006年10月03日 23:22
くれはさん>
負けた事はホント残念でしたが
あれだけの走りを見せてくれたんですから
帰国緒戦でまた無事に強いところを見せてもらいたいですね☆

馬券的にはディープが出てくると美味しくないですが(笑)
Posted by きんぐ@お返事 at 2006年10月05日 14:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24764575

この記事へのトラックバック

天馬も届かぬ、その頂とは。
Excerpt: 日本中の期待を、その小柄な身体に背負い遠いフランスの地で挑んだ凱旋門賞。
Weblog: Brotherhood of YOU and KUREHA
Tracked: 2006-10-03 23:32

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。