2006年10月31日

☆先週のPO馬結果☆ 〜10月28,29日〜


ワルキューレ 未勝利7着

レースドール 新馬2着

マイネヴェロナ きんもくせい特別2着



うーん・・・すごく微妙すぎる結果です。。。
期待してたほどの結果かと言われれば、ちょっと凹んでますが
一応最低限の目標であった最下位は脱出。
内容的にもそんなに悪いものではなかったし
レースとはまた別に明るい話題もあったし。。。
うーん・・・微妙です。( ̄- ̄ )


ワルキューレ
久々のせいなのか、新馬の時に見せた行きっぷりが無く後方から・・・。
4角手前から上がってくる様子も無く、直線向いたところでは
すでに勝負圏外なほど後ろな位置。。。。
直線ではまずまずいい脚を使って(上がり3F時計はメンバー中3位)追い上げるも
あれだけ後ろからではさすがに前には届かなかった。。。
それでも4角後方3番手からきわどい4着争いの一角まで追い込んできたわけで
1200mでも先行できた脚を考えれば、今回はあまりにも前半の行きっぷりが悪く、
1度使った事によって前半を好位追走で行ければ
次走には勝ち負け争いまでいけそう。上積みを期待したい。


レースドール
調教でモタれる面があるという情報も、レースではそれは出さなかったが・・・
スタートで見事にモッサリとしたゲートの出をしてくれて
前半は何だかノッタラノッタラと走っている感じ。
それでも、そこから中団の内側にジワジワと取り付くスピードは上々だった。
しかし、やはりスタートのモッサリとしたのが響いて
勝ち馬にまんまと逃げ切られてしまった。
それでもまあ、デビュー戦としては末にいい脚を使って
馬群を割って出てきてくれたし、80点くらいはあげてもいいかと。。
あと・・・勝ち馬との差はやっぱ騎手の差・・・かな・・・?



マイネヴェロナ
スタートはまずまずだったが大外枠って事もあり道中は中団から。
道中少し掛かり気味になるのを抑えながらの追走で
3角の勝負所では周りが仕掛ける始める所を一呼吸待ってから仕掛けたためいったん置かれかけたが、追っ付け追っ付けもう一度進出。
直線でもいい脚(上がり3Fメンバー最速)で伸びてきてはくれたが
2番手から巧く流れに乗って抜け出した勝ち馬に、あと1馬身届かず惜しくも2着。
しかもその馬がよりによってロンドンの指名馬・・・・・。
まあ今回は負けたけど、このクラスでは間違いなく上位の能力があることは示せたし
無事に行けば年内にはOP入りできるんじゃないかな。
ただ、ちょっとコーナーが窮屈そうだったので広いコースの方が合ってるかも。


※新馬戦で強い勝ち方を見せたものの、その後に骨折が判明してしまった
きんぐのマル外3位指名のエーシンマリポーサ
このたび帰厩して調教を再開させてくれました♪L(@^▽^@)」 ワーイ
新馬戦の直線を持ったまま力強く抜け出してくる姿を後楽園で見ながら
ブラックタイド(03−04きんぐ1位指名)の新馬戦以来の
気持ち悪い含み笑いがこみ上げてきたこの馬。
早く復帰をしてもらいたい気持ちもあるけど
骨折明けなので、無理せず年明け辺りでもいいからしっかりと復活してもらいたいものです。



posted by きんぐ at 02:41| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。