2006年12月25日

☆先週の予想回顧☆


いやいや、中央競馬の1年の総決算、有馬記念・・・
ディープインパクトは強かったね

売り上げはガタ落ちだったらしいけど。^^;
まあ、強い馬が1頭いると馬券的妙味は少なくなるし
単勝100円しか買わないで「当たった♪」いう奴もおるし
ま、仕方ないでしょう。。
有馬記念
1着 ◎Cディープインパクト
2着 …@ポップロック
3着 …Dダイワメジャー

11着 ○Fコスモバルク


いや〜、とにかくディープインパクトの強さが際立ったレースでしたな。
相手関係的に、これくらいの楽勝して全然おかしくないんだけど
それにしても強い競馬だったし、華々しいラストランで良かったんじゃない?
ただしレース全体として見て「すばらしいレースだったか?」と聞かれれば答えはNO。
何とも淡白で盛り上がりに欠けるレースだったと思う。
逃げ宣言のAメインは行くだけは行ったものの
ペースを握って後ろを惑わせて・・・といった類のものではなく
ただ“道中先頭”というポジショニングをしただけで仕事が終わった感溢れる
公務員ジョッキー、ヨシトミのTV馬的バカ逃げに
自分から仕掛けて何とかディープを負かそうとする意思の全く無い後続。
全ての馬にディープインパクトに負ける前提でレースが進んでいった感があって
「ディープインパクトが勝ったからいいレースだった」と思えちゃう
ミーハー的なディープの追っかけや、感動のラストランというだけで
名レースに選べちゃうような方々にはいいレースだったかもしれないけど
個人的にはもっとディープを負かすような競馬を(特に3歳馬)してほしかった。
勝ちに行っての敗戦なら誰も責めないと思うし(一部、調教師は責めて騎手を殴ったりするが)
そういうレースをしてこそ名勝負や名レースが生まれるのであって
レースの内容からすれば、今回はディープインパクトのレースの中ではランクは低いでしょ。
2着に敗れたとはいえ、昨年の方がよっぽどおもしろいレースだった。

2着に突っ込んだポップロックは、オーストラリアの2戦で
ともにデルタブルースに敗れていたわけで、
そのデルタを買わない以上この馬も要らないと思ってたけど
デルタとは2500mでの適正力が大きく違ったね。
まあ、考えて見れば海外遠征前は連勝でGUまで制した馬だったし
(まあ、そのGU目黒記念ごときだから軽視した面もあるけど。。。爆)
こういう、1頭強い馬がいるときのペリエは2着に持ってくるのがほんと上手いわ。
ファインモーションのエリザベス女王杯の時なんかも勝ちに行くよりも
「せめて2着に」的な乗り方でしっかりダイヤモンドビコーを2着に持って来たのを思い出した。

3着ダイワメジャーも距離不安を克服して見事な好走といっていいっしょ。
自分の形に持ち込んでベストな競馬は出来てたんじゃないかな???
この馬は負かそうとしても、どっちにしろ平均ペースでいくしかないから
あーいった形になるしね。。

さて、11着に敗れてしまったコスモバルク。。
その年の世相や、何かしらの関連につながる結果が多い有馬記念で
「今年は北海道だろ!」と思って対抗に推したけどダメだったね。。
連戦の疲れもあったのかな???
掛かり気味に前に前に進もうとする走りが見れずに全く見せ場が無かった。
まあ、終わってみればクリスマスイブに行われた有馬記念ということで
サンタさん馬券(赤と白)でしたな。。。



ラジオNIKKEI杯2歳S
1着 ▲Bフサイチホウオー
2着 …Jヴィクトリー
3着 ◎Fナムラマース


ホウオー降着だろー!!!

ヾ(`ε´)ノヾ(`ε´)ノヾ(`ε´)ノヾ(`ε´)ノ ぶーぶーぶー!!

あんな長い審議の末に降着無しはありえないです。。
ど〜せ、ディープインパクトが引退した後のスター候補に傷を付けたくないのと
武豊、福永祐一、藤田伸二と関西トップジョッキー
正月競馬揃って騎乗停止でいない状況に
さらに安藤勝己まで騎乗停止にしたら
せっかくの収入時に売り上げが落ちると最終的にJRAが判断して降着無しにしたんだべ。
あれは横から見てもやっちまった感じだし、当のアンカツ自身も
やっちまったぁ・・・ってかんじで後ろ振り返ってたしね。
まあ、馬の能力は高いのは改めて証明されたわけですが
多頭数になるクラシックの時期までにあのヨレ癖は治しておかなければ
ぎゅうぎゅうの馬群の中で苦労する事になりそう。
2着のヴィクトリーは道中でまだ若さを見せるも最後までしっかり伸びて2着確保。
後ろで不利を受けた馬たちがまともならどうだったかまでは微妙も
能力の高さは証明できた感じ。
とりあえず、5着までの馬はみんなレベル高そうだね。



中山大障害
1着 …Bマルカラスカル
2着 ◎Jメルシーエイタイム
3着 …Fアグネスハット


勝ったマルカラスカルはスタートから終始気分良く走っていた感じで
飛越でバランスを崩す事も無く後続を離して逃げてそのまま突き放す完勝でした。
2着メルシーエイタイムは昨年に続いてまたもや2着。
今回は前半の位置取りが少し後ろ過ぎたようにも感じたけど
勝負所からグングンと前を捉えて最終コーナーでは2番手。
さすがに先頭までは届かなかったが、高い能力は見せた結果だった。
今回、初めてGTレースを生で見たけど迫力があっておもしろかった☆
この日くらい空いてれば普段のGTレースも見に来てもいいんだけどなぁ。
むちゃくちゃ混んでる中で見たくはないし
ファンファーレに合わせた手拍子とかウゼーし絶対嫌だし。
初めて生で見たGTが中山大障害ってのも俺っぽくていいな(笑)







 



posted by きんぐ at 16:27| 東京 | Comment(2) | TrackBack(3) | 競馬予想と回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きんぐ、どもー
一泡吹かせようって騎手がいないし動きも無かったからYUTAKAは力の断然違うディープで楽なレースだったよね。
どの馬も自分の競馬に徹して少しでも上位を狙うみたいな・・・
そういう意味では、アレで良いのか?のメインの逃げより、典得意のスタート後直ぐに最後方の方が何か起こるかもってドキドキした。やば!2着付けで買ってない〜って(笑)
Posted by ロンドン at 2006年12月27日 00:23
ロンドン>

毎度〜(^^)ノ”

ノリちゃんは良くも悪くも相手関係無しで一発勝負の
自分の競馬でどこまでやれるか戦法だからね(笑)
俺も道中、「うわ!ノリが後方で潜んでる〜」って思った。
同じく2着付け買ってね〜・・・て(笑)
Posted by きんぐ@お返事 at 2006年12月27日 20:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

重賞回顧98・99
Excerpt: 年内最後の開催となった中央競馬。 土曜日は名馬の登竜門「ラジオNIKKEI杯2歳S」と暮れの名物障害G??の「中山大障害」。 日曜は中山競馬場で約12万人を集めてたグランプリ「有馬記念」がおこなわれた..
Weblog: ロンドン倉庫BLOG
Tracked: 2006-12-27 00:23

有馬記念 結果 ??ディープインパクト狂想曲の終幕
Excerpt: 2006年12月24日(日) 5回中山8日 9R 第51回 有馬記念(G1) サラ系3歳以上 2500m 芝・右 (混合)(指定) オープン 定量 本賞金: 18000、 7200、 450..
Weblog: 競馬予想ブログ 複勝馬券生活
Tracked: 2006-12-27 01:47

ラジオNIKKEI杯 結果
Excerpt: 2006年12月23日(土) 3回阪神7日 11R 第23回 ラジオNIKKEI杯(G3) サラ系2歳 2000m 芝・右 (混合)(特指) オープン 馬齢 本賞金: 3200、 1300、..
Weblog: 競馬予想ブログ 複勝馬券生活
Tracked: 2006-12-27 01:50

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。