2007年01月10日

☆2006年JRA賞発表☆

毎年恒例の
昨年の年度代表馬および各部門代表馬が発表されますた。

まあ、大方の予想通り年度代表馬は
二年連続でディープインパクトでした。

deep.jpg


ま、他の部門賞に選ばれたお馬さんたちの紹介も兼ねて
きんぐが一言ずつ書いてみる事にします。。


最優秀4歳以上牡馬
ディープインパクト
deep2.jpg
ま、これは妥当な結果ですな。
正直、今の日本の競馬界では基本性能が違いすぎ。
正直な事を申し上げれば、日本のミーハーなファンのため
売り上げが低迷しているJRAのためにわざわざ帰ってこないで
昨年の秋はずっと向こうでやっていてほしかった。
ちゃんと準備して叩き台も使ってれば凱旋門賞も違った結果になったろうし
この馬出てくると馬券的に面白くなかったし
結果的に馬券を買う側の人間は総じてそう思ったことによって
売り上げを余計に落とす形になってたしね。


最優秀4歳以上牝馬
ダンスインザムード
dunce.jpg
これは文句なしでしょう。
一時期の低迷から完全に脱却した昨年。
新設された古馬牝馬GTビクトリアマイルの第1回の優勝馬になったし
牡馬相手のGTや重賞でも好勝負してたし
馬主側(社台RH)の規定で昨年を最後に引退が決まっていた中
充実したラストイヤーになったんではないかな?


最優秀短距離馬
ダイワメジャー
daiwa.jpg
毎年思うんだけど、もういい加減にこの部門は分割しようよ。
ダイワメジャーの戦績は全くもって素晴らしいものだけど
“短距離馬”といわれると「ん?」と思う。。
いくらマイルCSを勝ったからと言って天皇賞馬に“短距離馬”って・・・。
2000m以下のレースが少なかった昔ならまだしも
今の時代、これだけスプリント戦を作りまくってるんだし
マイル以上とスプリントは別物として表彰の場も作るべきかと。
ダイワメジャーの昨年の素晴らしい戦績を“短距離馬”として括るのは
あまりにもかわいそう。。


最優秀3歳牡馬
メイショウサムソン
meisyou.jpg
まあ、これも妥当でしょう。
秋以降はドリームパスポートとの力関係が逆転してしまった感はあるものの
春の・・・特にダービーでの強さは圧巻でした。。


最優秀3歳牝馬
最優秀父内国産馬

カワカミプリンセス
kawakami.jpg
これも全く文句無いでしょ。
突如現れて性能の違いを見せ付ける追い込みで連勝。
古馬牝馬相手にも能力の違いを見せ付けて圧勝。
結果として降着になってしまったけど、
古馬牝馬戦線の世代交代をクッキリと見せてくれた。
父内国産とのダブル受賞となったけど
こういう、父の現役時代を知ってる馬の仔が
社台グループ生産以外で活躍してくれると何かいいね☆


最優秀ダート馬
アロンダイト
aron.jpg
この部門はブルーコンコルドが東京大賞典を勝った時から
どっちになるか注目してたんだけど上がり馬の勢いが買われますた。
確かに強かったからなぁ・・・JCダート。
でもどうなんでしょ???
あの一発だけで年度を代表するダート馬として選出してしまうってのは。。
真価が問われる今年、アロンダイトの活躍に注目したいです。
それにしても、10年程前くらいまでのアメリカのダート血統(ミスプロ系ね)の
種牡馬を輸入しまくっていた影響なのか、ここ数年はダート馬の層が厚い厚い。
カネヒキリが頓挫しても他のが次から次へと出てくるもんね。


最優秀障害馬
マルカラスカル
maruka.jpg
こいつも順当。障害ではまだ負けなし。
中山大障害の強さも際立ってたしね。


最優秀2歳牡馬    最優秀2歳牝馬
ドリームジャーニー ウォッカ
dream.jpg00111.jpg
まあ、この部門は2歳GT勝ち馬が通例なので。。。
あけてから失速した馬の方がむしろ多いこの表彰。
さてこの2頭はどうなることやら。。。


毎年、いろんな物議をかもすこの表彰も
今年は比較的順当だったんじゃないかな??
強いて言えば、せっかく投票する権利をもらっているのに
「該当なし」に投票する人間の多い事。
特に年度代表馬に該当なしと投票している奴・・・
じゃあお前にとって昨年の競馬はなんだったのか?
と、問いたい。







posted by きんぐ at 11:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31215665

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。