2008年01月22日

☆先週のPO馬結果☆


ヴェルザンディ 500万下1着

ダンツキッスイ 500万下4着

ヒシディーバ  未勝利12着

ドリームローズ 紅梅S7着



先週は3頭目の2勝馬が出ました☆
ここまで3頭とも牝馬なのがちょっとあれですが
まあ、昔から“牝馬のきんぐ厩舎”なので良しとしますか♪




ヴェルザンディ
五分のスタートから道中はちょうど中団の真ん中辺り。
その位置でじっと我慢、し直線で外に持ち出して追い出すと
なかなかいい脚を見せ2番手から抜け出しを図る2着馬を
しっかり捕らえて差し切り2連勝。
今回は相手関係、そして展開にも恵まれた感もあるので
これで即クラシック戦線へ・・・とは声を大にして言えないが
たぶん出走してくるであろう次走のクラシックトライアルこそが
試金石になると思われる。


ダンツキッスイ
スタートは普通だったのだが、その後自ら掛かり気味に先頭へ立つと
その後もビュンビュンと飛ばして1000m通過が57秒台の大逃げ。
それでも距離短縮の効果か意外と粘ったが最後は完全に止まって
ズブズブの4着。
どう考えてもオーバーペースな酷い騎乗なんだけど
レース後の騎手のコメントで「ずっとハミを噛んで走っていた」とあるので
行かせたくなくても馬自身が暴走気味に行ってしまっているという事か。
まあ、このクラスではあんな無茶苦茶なレースをしても
入着できるだけの能力はあるということではあるのだが。。。
もう少し気性的な成長がほしい。
とりあえず使い詰めなのでいったん休養で立て直してほしい。。。

ヒシディーバ
やっと出走したダートのレースだったが生憎の雨で
馬場コンディションはドロドロの田んぼのような不良馬場。
これではレースをするのもかわいそう。
外枠だったということもあり、中団後方から全く見せ場なく
流れ込んだだけで終わってしまった。。
ただ、もう少し行きっぷりが良くならないと、良馬場でも厳しい気もする。。

ドリームローズ
やや立ち遅れ加減のスタートから道中は離れた後方。
そこから勝負所で一気に捲り上げて勝負を挑み
一時は入着はあるかと思えたがさすがに最後は脚色が衰えて7着まで。
ただ、これでこの馬の方向性が見えてきたんではないか。
自己条件の1200mなら勝負が出来そうな感じがする。
むしろ相手関係が軽ければ1200mでならOPでもやれるかもしれない。
今後の陣営の出す方向性で成績が左右されそうな予感。
posted by きんぐ at 00:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/79974106

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。