2008年02月12日

☆先週のPO馬結果☆


マーシフルフェイト 未勝利15着

レジネッタ エルフィンS3着

フサイチクリヨン 未勝利1着

マイネルスターリー 共同通信杯3着




先週も1頭が勝ちあがり、
クラシックに繋がるレースで好走してくれました☆





マーシフルフェイト
今回もスタート後の二の脚が遅く、押して押して
叩いて叩いて行ったものの中団に取り付くまでしかいけず。
そのままの位置で押し通しの道中だったが3角辺りから
ズルズルと後退して大差のブービー負け。
レース後、鼻出血が判明して3月11日まで出走できなくなった。
鼻出血してしまったことを考えれば今回の負けは仕方無しと思う所もあるが
それにしてもでびゅーから2戦した芝レースに比べ
ここ2戦のダートレースのパフォーマンスは低すぎる。
出走停止期間をいい休養と捉え、しっかり立て直して
芝レースで復帰戦に向かってほしい。


レジネッタ
休み明けという事もあって、スタートから引っ掛かり気味に
行きたがる素振りを見せ、それをなだめるために引っ張りながらの道中。
その結果位置取りが後ろになってしまった。
流れが遅くなってしまったレース展開を考えれば
この位置取りは致命的とも言える位置だった。。。
4角で外に出して大外をジリジリと差して来たが
本質的にそんなに切れるタイプの馬ではないので
やっとこさっとこの3着までが精一杯だった。
しかし、レース展開を考えれば内容は上々のもので
突き放して勝った勝ち馬とはレース運びの上手さの差であって
着差ほどの能力差は感じない。
デビュー以来減り続けていた馬体重もプラス12キロと回復したし
休み明けとしては十分な内容だった。。


フサイチクリヨン
スタート五分もスーッと前に出て行ってハナを切り
道中は持ったままのマイペースでの逃げ。
直線に入って軽く気合をつけられるとグングン後続を引き離して
最後は持ったままで7馬身差の圧勝。
やはり芝でワンパンチ足りない面がダートで解消された感じで
ダートの中距離路線でなら上のクラスでもソコソコやれるんじゃないか。
それにしても・・・相手関係的なものもあるが、
持ったままの圧勝というのは見ていて気持ちがいい☆


マイネルスターリー
デビュー以来最高のスタート(とはいっても五分。。笑)から
序盤は無理せずに後ろでじっくりと構える。
勝負所から早め早めの仕掛けでジワジワと馬群に近づくと
直線では内を付いて馬群を縫いながら追い込んだが前までは届かず3着まで。
レースレベルとしてはあまり高くなかったとは思うが
条件クラスで燻っている馬ではないところを示した。
ただ、決して大きくない馬体で遠征での連闘・・・・。
ここで賞金を加算できなかったのは痛すぎる感が。。。
今後は少し間隔を空けるものと思われるが
条件戦で確実に2勝目を取りに行くのか
それとも春のGT戦線を目指して格上挑戦を続けるのか
判断を難しくしてしまった結果になってしまったかも。


posted by きんぐ at 23:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/83772153

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。