2008年03月04日

☆先週のPO馬結果☆



ダンツキッスイ アーリントンC(GV)1着
kissui.jpg



マイネルジュレップ 水仙賞11着

 
今季初の重賞勝ち☆
これから本格化してくるクラシック戦線へ向けて
弾みになってほしいもんですな♪




ダンツキッスイ
今回もスタートは五分だったが二の脚が速く持ったままでハナ。
道中は後続を大きく離してのいわゆる大逃げになり、
前半1000m通過が58秒台だったが
以前のような掛かっての暴走といった感じではなく
鞍上も引っ張ったそぶりを見せずに持ったまま気分良く逃げていた。
そのままのリードを保ったまま直線に向いても
後続との差は一向に詰まらず後続集団が直線を向いた時点でも
まだ10馬身くらい前方を持ったままで逃げていて
鞍上の藤田は後ろを振り返って差を確認するほどの余裕。
追い出されてからもバッタリととまることなく
最後までしっかり脚を伸ばして完勝。
きんぐ厩舎に06年のマイネルスケルツィ以来
2年ぶりの重賞勝利をもたらしてくれた。
今後はマイル路線へ向かうようなコメントが出ていたが、
クラシック路線にもまだ未練が残るような言葉も出ていたので
どちらに向かうかは微妙なところ。
個人的には皐月→NHKマイルといった路線で進んでほしい希望はある。
さすがにダービーは長いだろうし、
左回りへの不安は払拭されたわけではないので。


マイネルジュレップ
今回はスタートからあまり積極的に押して行かずに中団より後方から。
道中もそのままの位置で進んで行ったが流れも落ち着いてしまった展開で
この位置ではこの馬にとっては致命的な位置取り。
勝負どころやや手前の3角あたりから鞍上の手が激しく動いていたが
切れる脚のないこの馬が反応鋭く前進するはずも無く
そのまま見せ場無しで流れ込み。
このレースに限って言えば完全にテン乗りだった鞍上江田の乗り間違いで
ここまでの実績を考えてもこのクラスでここまで負ける馬ではない。
前々から叩き合いに持ち込むような展開であれば
今後もこのクラスでは上位。
今回は無駄な一戦になってしまった。

posted by きんぐ at 20:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/88318054

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。